MINWEB[ミンウェブ]

みんな使えるWeb活用術『ミンウェブ』
by株式会社セルリア

フェイスブック

ツイッター

RSS

MINWEB[ミンウェブ]

みんな使えるWeb活用術『ミンウェブ』
by株式会社セルリア

フェイスブック

ツイッター

RSS

スプリットテスト(スプリットランテスト)とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スプリットテスト(スプリットランテスト)とは

 

スプリットテストとは別名スプリットランテスト、A/B テスト、多変量テスト(A/B/nテスト)とも言います。

複数案のうち、どの案が優れているか?を何度も繰り返し試行して定量的に決定するテスト手法となります。現在ではWebページやWeb広告のデザインなどでよく利用されています。

スプリットテストのメリットとして複数案からどれが最適案なのかを選ぶときに実際に試行して見てその効果を調べ、これを何度も繰り返し実行し最も効果の高かった項目を最も優れた案とします。

例えばクリックボタンを押した回数や購入数と言った項目毎に統計をとることで、最も優れた項目はどれかということを集計できます。そのため利用者には自分が集計されているということを意識させずに統計を取る事ができるメリットがあります。

デメリットとしては決められた項目に対してのテストとなりますので最適案はどうすれば出来るのか?や何を変えれば効果が出るのか?といった、比較対象となる項目案が存在しないとテストができません。

また別名で「A/Bテスト」と言われる理由はA案、B案の内どちらが優れているかというテストで、多変量テストは三つ以上を比較するテストのことをいいます。

 

【この用語に関連する記事】


 ◯ Webマーケティングにおける定量分析と定性分析の違い

スプリットテストに関連して、定量評価・定性評価という2種類の効果測定についてまとめています。


 

シンプルWebマーケティング用語集

みんな使えるWeb活用術 MINWEB

Webソリューション活用のウェブアクセル

最新記事一覧
カテゴリー

Webソリューション活用のウェブアクセル