MINWEB[ミンウェブ]

みんな使えるWeb活用術『ミンウェブ』
by株式会社セルリア

フェイスブック

ツイッター

RSS

MINWEB[ミンウェブ]

みんな使えるWeb活用術『ミンウェブ』
by株式会社セルリア

フェイスブック

ツイッター

RSS

ROAS(広告費用対効果)とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ROAS(広告費用対効果)とは

 

ROAS(広告費用対効果)とは、Return On Advertising Spendの略で、広告にかけた費用に対して売り上げがどの程度だったのかを測る指標の一つです。

売上を広告費で割った数値(正確には広告費1円に対して売上がどの程度だったかを示すの)がROASとなり、この値が高いほど広告の効果があったという事になります。

例えば1万円の広告を利用して20万円売り上げた場合は、20万÷1万=20円となり、広告1円あたり20円の売り上げとなります。

それに対して5万円の広告を利用して30万円売り上げた場合は、30万÷5万=6円となり、広告1円あたり6円の売り上げとなります。

このように実際に売り上げた金額は後者の広告に5万円かけたものの方が大きいですが、1万円の広告を利用したものの方が宣伝効果はあったという事になります。

このROASという指標はアフィリエイト(WEB広告)の管理の時などに向いている指標となります。どの広告に宣伝効果があるのか、どこに配置した広告が人気なのかを把握することが出来るのです。

似たような単語でROIという言葉がありますが、こちらは広告費に対しての利益の比率を表したものとなります。ROASとROIはそれぞれに特徴を持っていますので、自身が広告を始める時には使い分ける必要のある指標であると言えます。

 

【この用語に関連する記事】


 ◯ Googleアナリティクスの設置方法【簡単5ステップ】

アクセス解析ツールとして有名なGoogleアナリティクスの設置方法についてまとめています。


 

シンプルWebマーケティング用語集

みんな使えるWeb活用術 MINWEB

Webソリューション活用のウェブアクセル

最新記事一覧
カテゴリー

Webソリューション活用のウェブアクセル