MINWEB[ミンウェブ]

みんな使えるWeb活用術『ミンウェブ』
by株式会社セルリア

フェイスブック

ツイッター

RSS

MINWEB[ミンウェブ]

みんな使えるWeb活用術『ミンウェブ』
by株式会社セルリア

フェイスブック

ツイッター

RSS

リッチアド(リッチメディア広告)とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リッチアド(リッチメディア広告)とは

 

リッチアドとは一言で言うと、動画や音声などあらゆる表現媒体を利用した広告のことを指します。リッチメディア広告とも呼ばれ、インターネットの広告中にサウンドやムービーを利用したり、利用者からの回答を入力できる機構を備えていたり、マウスの動きに合わせて広告枠が変動したり、様々な表現方法が存在します。

昔からあるWebページに掲示されるWebサイトの広告やリンクの画像などのネットを用いた告げ知らせでは、動かない画像や動かない文字が利用されていましたが、インターネットのケーブルの容積が増えたことやコンピュータのスペックの上昇によって動く画像やサウンドを活用したネットを用いた告知が用いられるようになりました。

リッチアドを利用者に届ける手法としてはWEBページに掲示されるWEBサイトの広告やリンクの画像としてWEBページ上に設置されるケースと、電子メールで送信されるケースの二つのケースがあります。

リッチアドは、Flash、Java、Dynamic HTMLなどのテクノロジーを活用して開発され、質問調査への回答が可能になっていたり、双方向性を備えている傾向があります。「理性ではなく感性に働きかける訴求力が高い」と言われ急激なペースで浸透しています。

ただし、かつての広告と比較して容量が大きく表示に時間を要するため、電話の回線を用いてネットにつながっている利用者に情報を届けることはできません。

 

【この用語に関連する記事】


 ◯ Webマーケティングにおける定量分析と定性分析の違い

リッチアドに関連して、広告配信を最適化するDSPとSSPの違いについてまとめています。


 

シンプルWebマーケティング用語集

みんな使えるWeb活用術 MINWEB

Webソリューション活用のウェブアクセル

最新記事一覧
カテゴリー

Webソリューション活用のウェブアクセル