MINWEB[ミンウェブ]

みんな使えるWeb活用術『ミンウェブ』
by株式会社セルリア

フェイスブック

ツイッター

RSS

MINWEB[ミンウェブ]

みんな使えるWeb活用術『ミンウェブ』
by株式会社セルリア

フェイスブック

ツイッター

RSS

メディアレップ(レップ)とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メディアレップ(レップ)とは

 

メディアレップ(レップ)とは、インターネット上の広告代理店のことを指します。

最近では画面の一部にバナー広告が出ていたりメールマガジンが掲載されているホームページをよく目にしますが、これらの広告は元々サイト運営者が掲載する広告を集めて表示していました。

しかしそれは大変手間のかかる事であり、また検索エンジンの評価の低いサイトでは個人で広告を集めるのには限度があります。そこで広告主とサイト運営者との仲介役を勤める代理店が登場するのですが、メディアレップ(レップ)とはその代理店のことを指します。

メディアレップ(レップ)では、サイト運営者側で広告掲載のための場所を確保してもらい、広告主側にて提供を受けた広告をそのサイトへと送り表示してもらいます。多くの場合料金の発生は一定回数表示にて設定されているものと、一定回数をクリックすることによって発生していることが殆どです。

そのためメディアレップ(レップ)では広告主から受け取った原稿をなるべく効果の高い形で配信するよう、Webサイトと広告の興味層がなるべく重なるような形で広告を配信していることが多くなっています。

しかし、特に大手のサイト運営者側では利益を確保のため自力で顧客を確保する動きが増えてきており、メディアレップ(レップ)が広告を配信できるWebサイトの数はそれ程増加していないとされています。

 


 ◯ 間違えやすいDSPとSSP、違いや関係性とは?

広告配信に関連して、DSPとSSPの違いについてまとめています。


 

シンプルWebマーケティング用語集

みんな使えるWeb活用術 MINWEB

Webソリューション活用のウェブアクセル

最新記事一覧
カテゴリー

Webソリューション活用のウェブアクセル