MINWEB[ミンウェブ]

みんな使えるWeb活用術『ミンウェブ』
by株式会社セルリア

フェイスブック

ツイッター

RSS

MINWEB[ミンウェブ]

みんな使えるWeb活用術『ミンウェブ』
by株式会社セルリア

フェイスブック

ツイッター

RSS

フリークエンシーとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フリークエンシーとは

 

フリークエンシーとは一言でいうと、特定のインターネット広告と特定の人との接触頻度を示す値を指します。

簡単に言うと、ある広告に対して一人の人がどれだけ閲覧しているかを表す値です。この値を用いることで、どういった広告を掲載するのが効果的なのかを知ることが出来ます。

例えば単一ページを長時間閲覧しているのであれば文字数などが多い、多少複雑な広告でも閲覧してもらえる可能性がありますが、閲覧時間の短いページであれば、ごちゃごちゃした広告の場合詳細まで確認せずに次のページに飛んでしまう可能性が高くなります。

そういった時に役に立つのがフリークエンシーで、広告の閲覧頻度が分かれば、掲載する広告の内容を調整することが出来るのです。

フリークエンシーに関連して、「最低有効フリークエンシー」と「最高有効フリークエンシー」という言葉があります。
最低有効フリークエンシーとは最低限消費者にブランドや商品を記憶してもらえる頻度のことで、最高有効フリークエンシーとは、あまりに頻繁に広告が登場すると閲覧者に不快な思いをさせるという部分で閲覧者を不快にさせない最大限の頻度のことを表しています。

フリークエンシーの対語として「リーチ」という言葉がありますが、リーチとは広告との接触率を表しています。

 

シンプルWebマーケティング用語集

みんな使えるWeb活用術 MINWEB

Webソリューション活用のウェブアクセル

最新記事一覧
カテゴリー

Webソリューション活用のウェブアクセル