MINWEB[ミンウェブ]

みんな使えるWeb活用術『ミンウェブ』
by株式会社セルリア

フェイスブック

ツイッター

RSS

MINWEB[ミンウェブ]

みんな使えるWeb活用術『ミンウェブ』
by株式会社セルリア

フェイスブック

ツイッター

RSS

Flashバナー(フラッシュバナー)とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Flashバナー(フラッシュバナー)とは

 

Flashバナーというのは、Macromedia Flash形式のアニメーションになっているバナー広告のことを言います。

Flash というのはAdobe Systems社の音声や動画そしてベクターグラフィックスのアニメーションを組み合わせてWebコンテンツを作成するソフトのことやまた、それによって作成されたコンテンツのことを言います。

Flashで作成されたアニメーションはただ再生をする以外にもマウスやキーボードによる操作、そして入力フォームによる文字入力も可能です。Flashが一種のアプリケーション実行環境になっているのです。

静止画や音声、そしてベクターグラフィックスのアニメーションや様々な効果を組み合わせて、静止画像やGIFのアニメーションのバナーよりも人の関心を引く表現力豊かな広告の作成が可能になります。キャクラターを動かしたり音を出したりするようなインパクトのある表現が出来ますので、ユーザーに対して強い印象を与える効果があるといえるでしょう。

数年前までは、容量が大きい広告としてあまり好まれませんでしたが、ブロードバンド環境が普及してきたタイミングでFlashバナーは爆発的に普及しました。普段の生活の中でもFlashバナーを見たという人はおおくいらっしゃると思います。

ただし、Flashを使った表現はiPhoneやandroidなどのスマートフォンで閲覧することができないため、近年ではかなり減ってきているようです。

さらに、2015年の4月に行われたモバイルフレンドリーアップデート以降、Flashを使った表現が検索順位に悪影響を与える危険性もでてきました。FlashをWebサイト上で利用している方は、Googleウェブマスター上で『モバイルユーザビリティに関する警告文』が届いているかと思います。

以前は一般的であったFlashバナーですが、今後はスマートフォンユーザーへの配慮を優先し、特別な場合を除いては利用しないことをおすすめします。

 


 ◯ 「モバイルユーザビリティ上の問題が検出されました」解説と対処法

FlashをWebサイトで利用している方は恐らくGoogleウェブマスターツール上に「モバイルユーザビリティ上の問題が検出されました」という警告文が届いているかと思います。こちらの記事を参考に対処してみてください。

 ◯ Googleウェブマスターツールでモバイルユーザビリティを確認する方法

2015年2月中頃からGoogleWebマスターツール上でモバイルユーザービリティの問題点を確認することが出来るようになりました。


 

シンプルWebマーケティング用語集

みんな使えるWeb活用術 MINWEB

Webソリューション活用のウェブアクセル

最新記事一覧
カテゴリー

Webソリューション活用のウェブアクセル