MINWEB[ミンウェブ]

みんな使えるWeb活用術『ミンウェブ』
by株式会社セルリア

フェイスブック

ツイッター

RSS

MINWEB[ミンウェブ]

みんな使えるWeb活用術『ミンウェブ』
by株式会社セルリア

フェイスブック

ツイッター

RSS

CVR(コンバージョンレート)とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CVR(コンバージョンレート)とは

 

CVR(コンバージョンレート)とは、広告やWebサイトの閲覧者のうち、そのWebサイトで会員登録や商品購入を行った件数(CV・コンバージョン)の割合を差します。別名コンバージョン率、顧客転換率と言います。

コンバージョンレートは扱う物や商品によって大きく異なります。通常は商品取引の場合、高額商品ほど値が小さく低額商品ほど大きくなる特徴があります。日常で購買出来る食品や日用品は、数年に一度しか購入しないような家や車と比較すると当然コンバージョンレートは高くなります。

また最終的な成果や効果を何にするかによっても意味や定義が変わりますので、広告や企業サイトがどこを焦点に目標達成とするかを決める上で重要な数値と言えます。

例えば、広告や企業サイトの閲覧者が、1,000人だったとします。
商品取引の購入者数をターゲットとした場合、実際に商品を100人が購入したと仮定すると、コンバージョンレートは100割る1,000で0.1となりますので10%となります。
また会員登録数をターゲットとした場合、実際に会員登録をした人が500人だったと仮定すると、コンバージョンレートは500割る1,000で0.5で50%となります。

このようにコンバージョンレートは最終的な成果や効果が変わるので注意が必要なものとなります。

一般的にWeb広告はそのほとんどがWebサイトへのアクセス数やPV数を高めるために利用されます。しかしながらこのCVR(コンバージョンレート)が低いと、どんなにアクセスやPV数を伸ばしても本来欲しいはずの売上等の効果をなかなか得られません。

広告費を無駄にしないためにも、真目に見直していきたい指標といえます。

 


 ◯ Googleアナリティクスでコンバージョン設定をする方法

Googleアナリティクスでコンバージョンを正確に測るための手順を示しています。


 

シンプルWebマーケティング用語集

みんな使えるWeb活用術 MINWEB

Webソリューション活用のウェブアクセル

最新記事一覧
カテゴリー

Webソリューション活用のウェブアクセル