MINWEB[ミンウェブ]

みんな使えるWeb活用術『ミンウェブ』
by株式会社セルリア

フェイスブック

ツイッター

RSS

MINWEB[ミンウェブ]

みんな使えるWeb活用術『ミンウェブ』
by株式会社セルリア

フェイスブック

ツイッター

RSS

CPM(Cost Per Mill・imp単価・インプレッション単価)とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CPM(Cost Per Mill・imp単価・インプレッション単価)とは

 

CPM(Cost Per Mill・imp単価・インプレッション単価)とは、ネット広告の配信単価の種類の一つで、表示1,000回あたりの料金をさします。

これに表示される回数の1,000分の1を乗じたものが掲載の料金として課金されていきます。

一番単純な料金の算定方法の一つでは広告を掲載したウェブページなどが観覧している人の画面に表示された回数に比例して広告料金が課金されていきます。

広告が観覧されることで多くの人に認知してもらう効果があり、告知の効果も比較的高いと言われているディスプレイ広告で採用されることが多いです。大手の場合課金方式にCPM(Cost Per Mill・imp単価・インプレッション単価)が使われることが多いと言われています。

ちなみに、CPM(Cost Per Mill・imp単価・インプレッション単価)のMはローマ数字で1,000を意味しており、由来はラテン語で1000を意味するmileから来ているので英単語の略ではないようです。

インターネット広告の費用効果を表しているCPMCPM(Cost Per Mill・imp単価・インプレッション単価)は数値が小さくなればなるほど費用を抑えて広告を頻繁に露出させることができるということになります。マーケティングの戦略を考える上で、CPMという指標を利用するのもよいかもしれません。

 


 ◯ 間違えやすいDSPとSSP、違いや関係性とは?

インターネット広告の効果指標に関連して、近年のネットワーク広告を理解する上で重要なDSPとSSPについてまとめています。


 

シンプルWebマーケティング用語集

みんな使えるWeb活用術 MINWEB

Webソリューション活用のウェブアクセル

最新記事一覧
カテゴリー

Webソリューション活用のウェブアクセル