MINWEB[ミンウェブ]

みんな使えるWeb活用術『ミンウェブ』
by株式会社セルリア

フェイスブック

ツイッター

RSS

MINWEB[ミンウェブ]

みんな使えるWeb活用術『ミンウェブ』
by株式会社セルリア

フェイスブック

ツイッター

RSS

CPA(Cost Per Action)とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CPA(Cost Per Action)とは

 

CPA(Cost Per Action)とは配信された広告を経由し得られる商品の購入や会員登録、資料請求などの利益となる最終結果を獲得するのにかかるコストのことです。

成果を出すために投資したお金(コスト)を獲得できた件数(成果単価)で割って算出します。(コスト÷成果単価)広告主はインターネット広告を利用する上でこのCPAを特に気にする必要があります。

インターネットでビジネスを行う上で、商品を販売する媒体となるWEBサイトは多くの人に閲覧してもらわなければなりません。場合によっては閲覧してもらうにはインターネット広告やSEOなど費用をかけて人を呼び込む必要もあるでしょう。

事業者にとって本当に必要な投資かどうか、費用対効果が高いか、CPAにより分析することによって見極めることが可能です。

行ってきた顧客増加対策をそれぞれCPAによって算出し、算出された値が最も低い対策が一番費用対効果があります。
CPAはCPC(1クリックを獲得するためにかかったコスト)と組み合わせて分析を行うことにより、より洗練された対策を選択、見極めることができます。

このようにWEBマーケティング戦略を練る上でCPAは重要であり基本的な指標となっています。

 

【この用語に関連する記事】


 ◯ リスティング広告7つのメリットと5つのデメリット

リスティング広告におけるCPAについて触れている記事になります。


 

シンプルWebマーケティング用語集

みんな使えるWeb活用術 MINWEB

Webソリューション活用のウェブアクセル

最新記事一覧
カテゴリー

Webソリューション活用のウェブアクセル