MINWEB[ミンウェブ]

みんな使えるWeb活用術『ミンウェブ』
by株式会社セルリア

フェイスブック

ツイッター

RSS

MINWEB[ミンウェブ]

みんな使えるWeb活用術『ミンウェブ』
by株式会社セルリア

フェイスブック

ツイッター

RSS

AdWords(アドワーズ・Googleアドワーズ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AdWords(アドワーズ・Googleアドワーズ)

 

AdWords(アドワーズ・Googleアドワーズ)とはGoogleが”広告主”に対して提供するCPC(クリック課金型)広告サービスです。これを利用することにより、誰でもGoogleの検索結果ページに広告を表示させることが可能になります。

AdWords(アドワーズ・Googleアドワーズ)はGoogle AdSense(アドセンス)と対になるサービスであり、AdSenseが媒体所有、運用者に対するサービスであるのに対し、AdWordsは小売業やサービス業など、広告主になりうる事業者を対象としサービスを提供しています。

AdWords(アドワーズ・Googleアドワーズ)広告主は広告が配信、表示可能な多種多様の媒体(コンテンツ)に広告を配信、表示させることが可能となります。
広告は広告の内容に合わせて表示するコンテンツを自動的に解析を行い、配信、表示するため、コンテンツ利用者にとって馴染みやすい広告となり、効率良く顧客増加、売上増加に結び付けやすくなります。

広告を配信できるコンテンツにはWEBページをはじめYouTubeなどの動画サイト、携帯端末向けのWEBサイト、そして近年急速な発展を遂げたスマートフォンに対応したハイエンド携帯端末用アプリケーションなどがあります。

また、コンテンツに表示するだけでなく、あらかじめ広告にキーワードを設定することで、Googleで設定したキーワードが検索された際、検索結果とともに広告を自動表示させることも可能です。広告費用は入札単価や1日あたりの予算設定等で自由に調整が可能です。

AdWords(アドワーズ・Googleアドワーズ)はクリック型課金広告であるため、広告をクリックしたユーザーが全くいないという時には、お金を払わなくてもよいということになります。

また、AdWords(アドワーズ・Googleアドワーズ)の特徴として、どのようなキーワードで検索をしてきて、住所はどのあたりで、何歳ぐらいというような詳細な条件のターゲットを絞りこむことが出来ます。これを活用することにより、購入や意欲の高い見込のある顧客をターゲットにして広告配信をすることが可能となりあます。

自社サービスに合ったユーザーを詳細にターゲティングできると言う点で利便性のある広告サービスになります。

 


 ◯ リスティング広告7つのメリットと5つのデメリット

AdWordsに関連して、リスティング広告を利用するメリットとデメリットをまとめています。


 

シンプルWebマーケティング用語集

みんな使えるWeb活用術 MINWEB

Webソリューション活用のウェブアクセル

最新記事一覧
カテゴリー

Webソリューション活用のウェブアクセル