MINWEB[ミンウェブ]

みんな使えるWeb活用術『ミンウェブ』
by株式会社セルリア

フェイスブック

ツイッター

RSS

MINWEB[ミンウェブ]

みんな使えるWeb活用術『ミンウェブ』
by株式会社セルリア

フェイスブック

ツイッター

RSS

アドエクスチェンジとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アドエクスチェンジとは

 

アドエクスチェンジとは一言で言うと、サイト内の一つの広告枠を1インプレッションごとに入札販売する方式で、サイト群が持つ広告枠をお互いに交換できる仕組みを指します。

アドエクスチェンジが普及する前はアドネットワークという仕組みが主流でした。この違いは、アドネットワークはネットワーク全体の広告枠を販売するのに対し、アドエクスチェンジは特定の広告枠の販売を行うということす。

簡単に言うと、アドネットワークは仮に広告主がペット商品の広告を掲載したいとするならば、ブリーダーサイトとペットサロンとペット交流サイトでアドネットワークを組んだものを購入すれば、これらサイトにまとめて広告を表示できるという仕組みです。でもこれでは費用もかなり掛かってしまいます。

そこで登場したのがアドエクスチェンジという仕組みです。特定の広告枠だけを購入できるのでリーズナブルであることに加え、1インプレッションごとにリアルタイムで入札方式により購入できるということで公平性が保たれています。

さらに入札額は2番目に高値を付けた入札者の金額+1円で決定しますので、入札額が極端に高騰するのを防ぐことができます。

アドエクスチェンジ事業者により広告主と広告枠のマッチングの判断要素が異なりますので、自分に合った事業者を選択すると良いでしょう。

 

【この用語に関連する記事】


 ◯ 間違えやすいDSPとSSP、違いや関係性とは?

アドエクスチェンジに関連して、広告配信を最適化するDSPとSSPの違いについてまとめています。


 

シンプルWebマーケティング用語集

みんな使えるWeb活用術 MINWEB

Webソリューション活用のウェブアクセル

最新記事一覧
カテゴリー

Webソリューション活用のウェブアクセル