MINWEB[ミンウェブ]

みんな使えるWeb活用術『ミンウェブ』
by株式会社セルリア

フェイスブック

ツイッター

RSS

MINWEB[ミンウェブ]

みんな使えるWeb活用術『ミンウェブ』
by株式会社セルリア

フェイスブック

ツイッター

RSS

プレスリリースとは ~マーケティング効果・広告との違い~

Date: Category: Webソリューション活用
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自社の商品をより多くの人に買ってもらうにはどうしたら良いのでしょうか?

この問いには無数の答がありそうですが、ひとつ言えるのはその商品(またそれを提供する企業)を多くの方知ってもらったほうが、全く知られていない状態に比べ購入してもらえる可能性が高いということです。

自社の商品を多くの人に購入してもらうには、企業・商品の認知度を高める必要があると言えます。

今回は商品・企業の認知度を高める方法として多くの企業に採用されているプレスリリースについて概要を簡単にまとめたいと思います。

Webマーケティングとは少し違いますが、Webに関わる方にも関係があることかと思いますのでご参考になれば幸いです。

 

プレスリリースとは

 

プレスリリースとは、企業・団体などから報道機関(メディア)向けに発表された声明や資料のことを指します。

報道機関とは主にテレビ・新聞・雑誌・Webなどがあげられますが、こういったメディアに対し取材をしてもらうことがプレスリリース配信の主な目的になります。実際にメディアに取り上げられると、企業・商品の認知度を高めることができるのでマーケティングの観点でも注目されます。

プレスリリースのイメージ図

 

 

プレスリリースを行うことで自社の商品やイベント・店舗やサービスなど、あらゆる情報をメディアを介して多くの消費者にとどけることができます。

プレスリリースとは報道機関・メディアへのお知らせといえるでしょう。

メディアへのお知らせ

 

プレスリリースとニュースリリースの違い

 

プレスリリースとニュースリリースとは非常に似た言葉ですが、そもそもほとんど意味は変わりません。ただし、使われ方や対象などが微妙にことなるケースがあります。

プレスリリースは基本的に、マスコミや記者の方を対象に行われる情報伝達を指すことが多いようです。

それに対しニュースリリースは記者の方だけでなく、広くインターネットユーザーに対して告知するニュアンスを含むことがあります。したがって、Web上で行われるリリースについてはニュースリリースの方が正しい呼び方かも知れません。

 

プレスリリースと広告の違い

 

広告とプレスリリースの違い

広告とプレスリリースの違いは、一般的にお金を払うか払わないかの違いと言われます。

 


 ◯ 広告・・・広告(枠)をお金で買う→必ず掲載される!

 ◯ プレスリリース・・・無料で記事にする→掲載はメディア次第!


 

広告であればお金を払うことで広告枠を購入することができ、掲載されることが約束されます。それに対しプレスリリースはあくまでお知らせであるため、掲載するかどうかはメディアが決定します。

また、広告の場合は広告欄に掲載されるのに対し、プレスリリースきっかけで記事に起こしてもらう場合はそのメディアの記事枠に載せてもらえるというのも大きな違いでしょう。閲覧者にとっては広告枠としてみるより、記事の一つとしてみるほうが素直に記事内容を信頼できます。

 

広告に加えてプレスリリースを利用する理由

 

「広告を出しているから大丈夫!」そう思われている方もいらっしゃいますよね。ただし実際は、広告とプレスリリースを同時に行うことにもメリットがあります。

広告とプレスリリースの違いでも述べたように、プレスリリースには特有のメリットが存在します。

 

費用 掲載 情報の信頼性
プレスリリース ◯(ほぼ0円) △(メディア次第) ◯(信頼度が高い)
広告出稿

 

ちょっとプレスリリースびいきで表を作ってみましたが、あながち間違いでは無いと思います。

広告出稿はお金がかかるのに対し、プレスリリースは無料で掲載の機会を得ることができます。ただし、広告は代理店や販売主に発注をするという形で出稿ができますが、プレスリリースは貴社に働きかける必要があるので、その分手間はかかるかもしれませんね。

掲載は本当にメディア次第で、掲載の内容やタイミングをコントロールするようなことはほとんど出来ません。しかしながら運任せというわけではなく、記者に取り上げてもらいやすくする方法やプロモーション効果の高い内容で配信してもらい多くの反響を得る手法などは確かに存在します。

なにより、閲覧ユーザーに与える信頼度が大きく違います。例えば自社サイトに新サービスの告知を載せたとしても、それはユーザーからすると半ば宣伝のような印象を受けざるを得ません。これが別のサイトやメディア、とりわけ権威のある情報機関に取り上げてもらえたとしたら、宣伝ではなく権威のある情報に違いないと閲覧ユーザーは無意識に思うはずです。

第三者(情報機関・メディア)からの信頼性が広告の消費者に対する訴求力を高め、結果として商品・サービスの拡販にもつながります。

これらがプレスリリースの大きな魅力であり、多くの企業がプレスリリースに力を入れる理由となっています。

 

プレスリリースのマーケティング効果

 

プレスリリースの効果を正確に図るのは、結構難易度が高いように思います。プレスリリースは基本的には商品の宣伝ではなく企業から記者に向けたお知らせなので、記事になったとしてもそれが購入につながるものかどうかは定かではありませんし、購入数が増えたとしてもプレスリリースのおかげとは決めつけづらいでしょう。

ただし、意外にもWebプロモーションにおいては効果を可視化する術はあります。効果的なプレスリリース配信以降、この2点において大きな変化が現れるでしょう。

 


 ◯ Webサイトのユニークユーザー数

 ◯ SNSの拡散


 

 

プレスリリースにおけるWebプロモーション効果は、おもにユニークユーザー数に現れます。ユニークユーザーが変化するということは当然セッションやPVにも動きが見られます。

プレスリリースを売った直後にまず少し数値に伸びが見られ、それから1週間から1ヶ月くらいの間で複数のメディアに取り上げられたりすると大きな数値の増加がみられます。

これらの変化は一過性のものですので2週間程度たつと収縮するのですが、不思議とリリースをうつ前の平均的な数値よりも少し高い数値で推移するようになります。これが認知度が高まった状態なのでしょう。

また、SNSでのリーチ拡散にも目に見えた効果を発揮します。たとえばfacebookで言うならば、1度のプレスリリース配信によって1000いいね以上を獲得できるケースもざらにあります。すでに知名度がある企業でしたら特に当り障りのない内容でもシェアされますし、知名度がうすかったとしても記事内容が斬新だったり人の目を引くものであると、SNSでの反響は得られやすい傾向にあります。

 

プレスリリースの実行

 

プレスリリースのメリットなどについて前項にまとめておりますが、そもそもプレスリリースはどのように実行されるのでしょうか。

プレスリリースを実行する方法は大きく以下の2つに分けられます。

 


 ◯ 自社の担当者(主に広報・宣伝部の方)が直接メディアに掛け合う。

 ◯ プレスリリース配信代行サービスに依頼し代行してもらう。


 

それぞれご説明します。

 

自社の担当者が直接メディアに掛け合う場合

基本的に企業が単独でプレスリリースを行う場合、記者やメディアのつてをたどって、担当者に直接取材のお願いをするのが最も原始的なやり方になります。 前提として社員のどなたかが広報担当として窓口にたち、記者とのやりとりを進めることになります。

記者の方と強いパイプを持っている担当者であれば、自社のニュースを意図的に記事にしてもらうことも理論上は可能となります。こうした方法で有力メディアを自社プロモーションに利用できれば非常に強い武器になるでしょう。特定の企業に対し猛アプローチをかけていきたいのであれば、自社から直接メディアに掛け合う方法は適切かもしれません。

その反対にこの方法ですと、多くのメディアに対しアプローチするのは難しくなるといえます。いろんな報道機関に取り上げてもらおうとすると必然的にやり取りが増え担当者の負担は大きくなっていきます。こうなってくるともはや担当者のキャパシティ次第、数社とのやり取りでパンクしてしまう人がほとんどですが、百社近い企業とやり取りをしている担当者もいたりします。

メリットを活かすにしてもデメリットを軽減するにしても、すべては広報担当者の手腕にかかっていると言っても過言ではありません。

 

プレスリリース配信代行を利用する場合

自社内に報道関係に精通した担当者がいない場合や、多くのメディアにアプローチする機会を得たい場合プレスリリース配信代行サービスに依頼するという方法もあります。

プレスリリース配信代行サービスを利用するもっとも大きなメリットは、一度に多くのメディアに対しアプローチをすることが出来ることです。それこそ担当者個人の力ではどうにもならないような数千社という機関に自社のニュースをお知らせすることができます。

プレスリリース配信代行は企業によっても内容がまちまちで、オプションや料金体系も様々です。ただ表面上のサービス体系だけではなくプレスリリースの本質を鑑みるに、見えづらい部分ではあるのですが提携しているメディアがどんな企業・媒体でどれくらい強いパイプを持っているかといった要素も非常に重要であると思います。

いうまでもなく、それぞれのプレスリリース配信代行サービスの特性をみきわめて自社にあったものを選びうまく運用する必要があります。

現在広くサービス展開されている有名なプレスリリース・ニュースリリース配信代行会社はプレスリリース配信代行サービス(有名企業5社)を御覧ください。

自社から直接メディアに掛け合う場合も、プレスリリース配信代行サービスを利用する場合もどちらもメリット・デメリットがありますので、うまく使い分けていくことでより効果を高めていけると考えます。

 

プレスリリース配信代行サービス(有名企業5社)

 

以下に日本国内で有名なプレスリリース・ニュースリリース配信代行サービスと提供企業を5つあげます。

 


 1. PR TIMES(株式会社PR TIMES)

 2. @Press(ソーシャルワイヤー株式会社)

 3. ValuePress!(株式会社バリュープレス)

 4. DreamNews(グローバルインデックス株式会社)

 5. News2u.net(株式会社ニューズ・ツー・ユー)


 

[ 1] PR TIMES(株式会社 PR TIMES)

http://prtimes.jp/

PR Times

 

 

 

 

[ 2 ]@press(ソーシャルワイヤー株式会社)

https://www.atpress.ne.jp/

Press

 

 

[ 3 ]ValuePress!(株式会社バリュープレス)

https://www.value-press.com/

 

ValuePress!

 

 

 

[ 4 ]DreamNews(グローバルインデックス株式会社)

http://www.dreamnews.jp/

DreamNews

 

 

[ 5 ]News2u.net(株式会社ニューズ・ツー・ユー)

http://www.news2u.net/

News2u

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。今回は広報活動や広く会社の宣伝目的で利用されるプレスリリースについて簡単にまとめました。

プレスリリース・ニュースリリースは使い方によってはマーケティングや商品拡販にも多大な効果を発揮することがあります。効果的な利用法に関する情報も今後更新できたらと思います。

 

Date: Category: Webソリューション活用
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Webソリューション活用のウェブアクセル

最新記事一覧
カテゴリー

Webソリューション活用のウェブアクセル