MINWEB[ミンウェブ]

みんな使えるWeb活用術『ミンウェブ』
by株式会社セルリア

フェイスブック

ツイッター

RSS

MINWEB[ミンウェブ]

みんな使えるWeb活用術『ミンウェブ』
by株式会社セルリア

フェイスブック

ツイッター

RSS

SWOT分析とは?新人でも活用できる実践的なやり方&具体例を紹介!

Date: Category: フレームワーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

事業戦略を考える時は、様々な情報を集めて決める必要があります。
その際、SWOT分析というビジネスフレームワークを活用する人もいるかと思います。

SWOT分析は有名なフレームワークです。
ただ、本当に使いこなすことができていますでしょうか?事業の成功を導く、有効的な戦略を創造することができたでしょうか?

SWOT分析は有名なフレームワークであるがために、なんとなく知っている人が多いのも事実です。そのため、現場で使いこなすことができていないケースを多く見かけます。

今一度SWOT分析とはどのようなフレームワークなのか、実践的なやり方と一緒に紹介していきたいと思います

 

1. SWOT分析とは

SWOT分析とは、事業の戦略を決める際に有効的な施策や方向性を導き出すためのフレームワークです。Strength(強み)、Weakness(弱み)、Opportunity(機会)、Threat(脅威)の4つの頭文字を取って、SWOT分析となっています。

事業の戦略を決定する際は、経営資源である内部環境要因と自社を取り巻く外部環境要因を分析することが大切になります。SWOT分析は、自社の内部環境要因を「強み」と「弱み」、外部環境要因を「機会」と「脅威」に区別して、情報を整理し成功に導くヒントを導きだします。

 

1-1. SWOT分析の落とし穴

SWOT分析は正しく行うことで有益なフレームワークになります。ただし、正しく行うためには、SWOT分析が持つ注意点を理解しておかなければいけません。表層部分の概要を知っているだけでは、SWOT分析は使いこなすことができません。

SWOT分析は、Strength(強み)、Weakness(弱み)、Opportunity(機会)、Threat(脅威)、4つの要因に分けて分析していくものです。実はここに落とし穴があります。
自社の現状を把握して内部環境要因である、「強み」と「弱み」をそれぞれ出す際、何が「強み」と「弱み」なのか判断するためには、両者を分ける「基準」が必要になります。外部環境要因も同様です。自社にとってチャンスとなる「機会」なのか、悪影響を及ぼす「脅威」となるのか、判断するためには明確な「基準」がなければいけません。

「基準」とは、「競合」と「ターゲット」です。両者をもとにして、それぞれの要因を整理していかなければいけません。なぜならば、明確な「基準」がなければ、人によって判断が異なるからです。

例えば、「少人数」であることをフットワークの軽さとして、自社の強みをとする人もいれば、「少人数」をリソースが少ないとして、自社の「弱み」であると判断する人もいるということです。これは両者が、それぞれが持っている「基準」で判断しているために起こります。しかも、その「基準」が主観に基づくことが多いです。これでは何が「強み」で、何が「弱み」か、正確に分析することは不可能です。

SWOT分析をする際は、明確な「基準」となる「競合」と「ターゲット」を統一して決めてください。その上で比較し、客観的に4つの要因の情報をまとめましょう。明確な「基準」がないSWOT分析は、主観に基づいて良い方向に行くように、加工しているだけです。このことについて触れないコンテンツが多いことが、SWOT分析がうまく活用できていない原因の一つになっています。

 

1-2. SWOT分析を行う目的

SWOT分析を行う目的は、事業の戦略を決める際に、有効的な施策や方向性を導き出すためです。さらに言えば、事業を通して達成したい、事業そのものの「目的」を達成させる、戦略のヒントを導き出すために行います。

1-3. SWOT分析を使用するタイミング

SOWT分析を行うタイミングは、冒頭で述べたように事業の戦略を決める時です。特に新規事業を立ち上げる時や事業の見直しを行うタイミングです。既存の戦略ではなく、自社の強みや特徴にあった戦略で活路を開きたい時に、行うのが適しています。

1-4. 分析と解決策を思考することの違い

SWOT分析の具体的なやり方を見ていく前に、知っておいて欲しいことがあります。それは「分析」することと、「解決策を思考」することは違うものであるということです。SWOT分析を活用するために、この違いを理解しておく必要があります。

「分析」とは、物事を成分や構成など、細かくいくつかの要素に分けて整理することです。SWOT分析も、4つの要因に分けて情報を整理することができます。しかし、情報を洗い出した「分析」だけでは、ビジネスの現場で活かすことはできません。分析をしたら、必ず「思考」することが必要になるからです。「思考」することは、考えると言うそのままの意味です。つまり、「分析」でわかった結果をもとに、意見を出すことが必要なのです。

このように、SWOT分析の本質は4つの要因を正確に洗い出すことではありません。事業の成功を導くヒントを得るために、SWOT分析を行うのです。ですから、「分析」をしたら必ず、それをもとにどうしたらいいのか「思考」することが大切です。

 

 

2. SWOT分析のやり方

では、SWOT分析のやり方を見ていきます。

2-1. 明確な目的を決める

SWOT分析をするために、まず明確な目的を設定する必要があります。明確な目的とは、達成したい目的のことです。事業を行う理由やKPIとなる事業のゴールのことです。例えば、売上の落ちている店舗を立て直したいとします。その時の目的は、魅力的な店舗にしてお客さんを呼び込むことです。つまり、「今より集客をして売上を上げたい」ということになります。さらに踏み込んで、「ネットを活用して集客し、売上を上げたい」と、具体的にできると尚良いです。

目的を決めるコツとしては「〇〇したい」という形に、事業で達成したいことを決めてみましょう。

 

2-2. 内部環境・外部環境の情報を集める

明確な目的を決めたら、分析をするための情報を集めます。SWOT分析では、内部環境要因である「強み」と「弱み」、外部環境要因である「機会」と「脅威」とを区別して考えていきます。情報を集める時のポイントとして、目的を達成するために必要な情報のみを集めるようにしましょう。具体的な集め方は以下になります。

  1.  強みを洗い出す:
    目的を達成する上で、競合と比較して自社が優位な点を見つける。価格や技術力、流通、サービスの質など、自社の内部環境を棚卸してみましょう。
    ・競合より自社が勝っている要素は何か?
  2.  弱みを洗い出す:
    目的を達成する際に大切な要素で、競合より劣っている点を見つけます。例えば、ネットで集客したいが競合より検索順位が低いなどです。目的達成のために重要だと思う要素は、一度競合と比較するようにしましょう。
    ・競合より自社が劣っている要素は何か?
  3. 機会を洗い出す
    目的を達成する際に、競合ではなく自社がチャンスとなる外部要因を見つけます。この時、ターゲットを意識して、競合より自社にチャンスとなる情報を集めましょう。業界の新技術が開発されたとしても、競合やターゲットに関係なく、自社にとっても影響がないのであれば、それは機会にはなりません。
    ・自社がチャンスとなる市場や業界の変化があるか?
  4. 脅威を洗い出す:
    目的を達成する上で、達成の悪影響となる外部要因を洗い出します。競合やターゲットに影響を与えるものがないか、情報を探ってみましょう。
    ・自社に悪影響を及ぼす、ターゲットの動向や市場・業界の変化があるか?

 

SWOT分析

 

2-3. クロス分析をして目的を達成できる戦略を作る

4つの要因を洗い出すことができたら、それらの意味合いを考えます。一つ一つの要因が持つ意味を整理したら、次はクロス分析をしてさらに深堀って行きます。クロス分析とは、内部環境要因と外部環境要因を掛け合わせて、意味を見出すことです。組み合わせは以下になります。

 

SWOT分析 クロス分析

  1. 強み×機会:
    強みを活かして、機会を掴むことができないか?
  2. 強み×脅威:
    強みを活かして、脅威を避けるもしくは弱めることはできないか?
  3. 弱み×機会:
    弱みを強みに変えて、もしくは克服して機会を掴むことができないか?
  4. 弱み×脅威
    弱みを克服して、脅威を避けることができないか?

上記の質問に答えて、それぞれの意味を考えましょう。その上で、事業の目的を達成することができる打ち手を考えてみましょう。

 

2-4. 立てた戦略をもとに計画を立てて実行する

SWOT分析を行い戦略を考えることができたら、計画を立てて実行できるようにしましょう。その際、PDCAサイクルを回せるようにしましょう。素晴らしい戦略ができても、実行していけなければ意味がありません。戦略を考えただけで終わらず、実行できるように計画を立ててみましょう。

PDCAに関して詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。
PDCAサイクルを回すとは?具体的な使い方を紹介

 

3. 具体例を挙げて紹介

最後に具体例を紹介致します。

『目的』:
「売上が落ちているコーヒー店を立て直したい」

『課題』:
・売上が落ちている
・新規客を獲得できていない
・特色がない

『競合』:
スターバックス、ドトール、コメダコーヒー

『ターゲット』:
コーヒー好きの人

『4つの要因を洗い出す』:
【強み】
・豊富な種類がある。
・世界各地の豆を農家から直接仕入れている。
・スタッフはバリスタやコーヒーマイスタの資格を持っており、知識が豊富にある。
・コーヒー豆のテイクアウトの注文が多い

【弱み】
・値段が高い
・ブランド力が低い
・コーヒー以外のメニューが少ない

【機会】
・コーヒーメーカーが人気で、自宅でもコーヒーを入れる人が増えている
・取り扱っている海外のコーヒー豆が注目されている
・円高の傾向がある

【脅威】
・ファストフード店やコンビニがコーヒーに力を入れている
・店舗の近くに大手コーヒー店が出店する
・おしゃれな内装のカフェが人気になっている

『それぞれの意味を考える』:
【強み】
・海外の珍しいコーヒー豆まで取り扱っているので、コーヒーの種類ならば勝負できる。
・農家から直接仕入れているので、質の高いコーヒーを提供できる。
・コーヒー豆のテイクアウトが人気。それだけを買いに遠くから来る人もいる。

【弱み】
・競合に比べて値段が高い。
・ブランド力が低いので、知名度がない
・コーヒー以外のメニューが少なく、食事のついでに入ることができない。

【機会】
・コーヒーメーカーが売れており、自宅でコーヒー豆から淹れる人が増えている。
・テレビや雑誌で海外のコーヒー豆が特集され注目を集めている
・円高なので海外からコーヒー豆を安く輸入できる。

【脅威】
・ファストフード店やコンビニがコーヒー商品に力を入れており、便利なためお客を取られている。
・大手コーヒー店が近くにオープンされて、以前よりお客の入りが悪くなっている。
・おしゃれなカフェが人気になっており、特色がないお店は淘汰されつつある。

『有効な打ち手とは』:
注目されている海外のコーヒー豆含め、豊富な種類を扱っていることを前面にPRする。また、高級路線を打ち出してコーヒーの質で差別化を図っていく。その上でコーヒー豆専門のネットショップを開設して、全国からコーヒー豆を購入できるようにする。

 

4. まとめ

SWOT分析をビシネスの現場で使用できるように、実践的なやり方や具体例を紹介してきました。
SWOT分析には注意点がありますが、うまく使うことで有効な戦略を考えることができます。
多少、使いこなすためには回数が必要かもしれませんが、分析していくうちに質の高い戦略を作り出せるようになります。
戦略を考える際に悩んだ時は、ぜひSWOT分析を活用してみてください。
参考になれば幸いです。

 

Date: Category: フレームワーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Webソリューション活用のウェブアクセル

最新記事一覧
カテゴリー

Webソリューション活用のウェブアクセル