MINWEB[ミンウェブ]

みんな使えるWeb活用術『ミンウェブ』
by株式会社セルリア

フェイスブック

ツイッター

RSS

MINWEB[ミンウェブ]

みんな使えるWeb活用術『ミンウェブ』
by株式会社セルリア

フェイスブック

ツイッター

RSS

GoogleウェブマスターツールでURLを削除する方法

Date: Category: Webソリューション活用
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

Webサイトを運営されている方は、時折いらなくなったページを削除する機会があるかと思います。例えばWordPressをお使いであれば、投稿ページもしくは固定ページにて、公開ページをゴミ箱にもっていくことでページを削除することができます。

しかし、実はこの時、ページが削除されてもGoogleのインデックスが残っているケースが殆んどです。もし削除済みのページがインデックスされているとそのページからユーザーがランディングする可能性があります。当然ユーザーは何もコンテンツのない404ページにとばされるので混乱してしまいます。

さらに、削除済みのページがインデックスされていると中身の無いコンテンツとしてGoogleに評価されてしまうためSEOにも不利に働く可能性があります。

上記のようなことを防ぐために、本記事にてURLをGoogleウェブマスターツール上で削除する方法を記載します。非常に簡単ですので覚えていっていただければ幸いです。

 

GoogleウェブマスターツールでURL削除を行う手順

 

GoogleウェブマスターツールでURL削除を行う手順は、以下の5つです。


 1. Googleウェブマスターツール>Googleインデックス>URL削除を開く

 2. 「新しい削除リクエストを作成」ボタンをクリック

 3. 表示されたウィンドウに削除したいURLを入力、続行ボタンをクリック

 4. プルダウンを設定。「リクエストを送信」をクリック。

 5. 完了を確認

※削除URLが複数存在する場合、そのURL分1~4を繰り返す。


 

[ 1 ]Googleウェブマスターツール>Googleインデックス>URL削除を開く

Googleウェブマスターツールをログインしていただき、サイドバーの上から5つ目「Googleインデックス」の中の、「URL削除」をクリックし開いて下さい。

URL削除1

[ 2 ]「新しい削除リクエストを作成」ボタンをクリック

「新しい削除リクエストを作成」ボタンをクリックして下さい。

URL削除2

[ 3 ]表示されたウィンドウに削除したいURLを入力、続行ボタンをクリック

表示されたウィンドウに削除したいページに対応するURLを入力して下さい。そちらが完了しましたら、続行ボタンをクリックします。

URL削除3

[ 4 ]プルダウンを設定。「リクエストを送信」をクリック。

プルダウンを設定して下さい。通常のページ削除であれば、「検索結果とキャッシュからページを削除」を選んでいただければと思います。プルダウンを設定したら、「リクエストを送信」のボタンをクリックして下さい。

URL削除4

 

参考まで、それぞれのプルダウンの意味を解説します。

1.検索結果とキャッシュからページを削除

検索結果から削除とは、即ちインデックスから削除されどのような検索キーワードに対しても検索結果画面に表示されなくなります。キャッシュから削除とは、一時的にコンピュータに記憶されているキャッシュを削除することです。

2.キャッシュからのみページを削除

検索結果の削除はされないため、検索エンジンでは通常通りヒットします。しかし、ブラウザ・コンピュータに記憶されているキャッシュは削除することが可能ですので、過去のキャッシュを表示させたくない場合に利用します。

3.ディレクトリを削除

ディレクトリを削除は、ページ単位ではなくディレクトリ単位で削除を行います。通常そのディレクトリを検索結果及びキャッシュから消去します。

 

[ 5 ]完了を確認

1~4の作業によって、GoogleへのURL削除リクエストは完了です。通常1日かからない程度でリクエストが察知され、URLを完全にインデックスから削除することができます。

URL削除完了

 

Google側がリクエストを受け取っていない状態(ステータスに保留とある」であれば、キャンセルボタンからキャンセルが可能ですので、万が一操作を誤った場合などに利用しましょう。

削除URLが複数ある場合は、1~4の工程をその削除URL分行って下さい。ディレクトリ単位での削除が必要な場合は、第4工程のプルダウンで「ディレクトリを削除」を設定し、いっぺんに削除作業を行うと時短につながります。

 

まとめ

 

ページ削除の度にURL削除を行うのは意外と骨が折れますが、こういったマメな操作が検索エンジンとの親和性を高めることに繋がります。いらないページがユーザーの目に触れないよう、閲覧者様のためにも、Googleのためにも、自身のWebサイトのためにも作業を怠らないようにしていきたいですね。

 

-カテゴリ:アクセス解析

みんな使えるWeb活用術 MINWEB

Date: Category: Webソリューション活用
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Webソリューション活用のウェブアクセル

最新記事一覧
カテゴリー

Webソリューション活用のウェブアクセル