MINWEB[ミンウェブ]

みんな使えるWeb活用術『ミンウェブ』
by株式会社セルリア

フェイスブック

ツイッター

RSS

MINWEB[ミンウェブ]

みんな使えるWeb活用術『ミンウェブ』
by株式会社セルリア

フェイスブック

ツイッター

RSS

Facebookで一度投稿した記事を非表示・削除する方法

Date: Category: Webソリューション活用
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookで投稿した記事を、あとあと気が変わって消したくなった経験はありませんか?

今回は一度投稿したFacebook記事を非表示もしくは削除する方法をまとめます。御参考になれば幸いです。

Facebookで投稿した記事を非表示・削除する方法

非表示・削除する方法

以下の5つの手順で、非表示・削除が完了します。


 1. facebookアカウントにログイン

 2. 消したい投稿にカーソルをあわせる

 3. 右下に表示される∨マークをクリック

 4. 非表示にしたい場合の場合「非表示」、削除したい場合は「削除」をクリック

 5. 削除の場合は、確認画面にて「削除」ボタンをクリック


1. facebookアカウントにログイン

非表示もしくは削除したい記事を投稿したアカウントにログインします。

facebookコムの画像

 

2. 消したい投稿にカーソルをあわせる

非表示もしくは削除したい投稿にカーソルをあわせます。例として、本ブログの一記事を取り上げます。

Facebook投稿削除・投稿画面

3. 右下に表示される∨マークをクリック

記事にカーソルを合わせると、右上に∨のマークが現れます。そこをクリックして下さい。

Facebook投稿非表示削除・クリックの位置

4. 非表示にしたい場合の場合「非表示」、削除したい場合は「削除」をクリック

クリックすると、下図のようなプルダウンが出てきます。ここで、非表示にしたい場合は「ページを表示しない」、削除したい場合は「削除…」をクリックします。

プルダウン

非表示をクリックした場合、下記のような表示がされます。

Facebook投稿非表示削除・削除確認画面

こちらの動作にて「非表示」は完了です。

削除をクリックした場合は5に進みます。

5. 削除の場合は、確認画面にて「削除」ボタンをクリック 

削除をクリックした場合は、以下のような確認画面が出てきます。

Facebook投稿非表示削除・削除確認画面

 

問題なければ、「削除」ボタンをクリックします。こちらにて「削除」は完了です。

非表示と削除の違い

非表示と削除の違いは以下のとおりです。


 ◯ 非表示・・・ワンタッチで元に戻せる。検索やニュースフィードには残り続ける。

 ◯ 削除・・・元に戻せない。検索・ニュースフィードその他Facebook上から一切見れなくなる。


非表示の場合はワンクリックで元に戻すことが可能です。

Facebook投稿非表示削除・非表示にした画面から元に戻す

自身のフィードから消したいだけなのであれば非表示、その投稿をなかったことにしたいのであれば削除を選ぶとよいかと思います。

他人の投稿した記事は削除できないが報告できる

他人の投稿に対し上記の動作を行っても、非表示・削除はできません。その代わり、報告ができるようです。他のアカウントから消したい記事にカーソルをあわせ、∨を押してみると以下のようなプルダウンが表示されます。

Facebook投稿非表示削除・他のアカウントで表示されるプルダウン

 

「この投稿を報告する」をクリックすると、非表示にする理由を選択する画面が表示されます。

Facebook投稿非表示削除・他のアカウントで通報

あくまで非表示・報告までにとどまり、基本的にFacebookの投稿は投稿者本人しか削除できないようです。

にしても僕は経験ありませんが、閲覧ユーザーから不快なんて告知がきたら気が気じゃないですね・・・。

まとめ

投稿したその日はまったく気にならなくても、あとあと気が変わるケースが結構あるように思います。学生時代の投稿だったりは今見返すと「消したい過去だな」と思うこともしばしば・・・笑

僕自身も本ブログ記事をFacebook投稿して数日たってから、サイトコンセプトと違うと感じ記事を削除するケースが先日ありました。

非表示や削除はよく使う作業なので、是非覚えて帰って下さい。

-カテゴリ:アクセス解析

Webマーケティング think the web

Date: Category: Webソリューション活用
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Webソリューション活用のウェブアクセル

最新記事一覧
カテゴリー

Webソリューション活用のウェブアクセル