MINWEB[ミンウェブ]

みんな使えるWeb活用術『ミンウェブ』
by株式会社セルリア

フェイスブック

ツイッター

RSS

MINWEB[ミンウェブ]

みんな使えるWeb活用術『ミンウェブ』
by株式会社セルリア

フェイスブック

ツイッター

RSS

Googleアナリティクスでコンバージョン設定をする方法

Date: Category: Webソリューション活用
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Googleアナリティクスをサイトに導入するところまではやってみたけど、全然結局使いこなせていないなぁ・・・。」そう思うのはきっと、Googleアナリティクスで本当にほしいものを計測できていないためではないでしょうか。

本当にほしいもの=CV(コンバージョン)

クライアント企業にコンサルに入るとき、コンバージョン設定をおこなっていないためにうまくWebマーケティングのかじ取りができず無意味なコストを払ってしまう企業様が多いことに驚きます。コンバージョン設定のやり方を知らないというだけで、大きな損をしているかもしれません。

本記事ではGoogleアナリティクスのコンバージョン設定方法について、もっとも基本的な方法をできる限りわかりやすくご説明いたします。さまざまな用途に使えますのでぜひご活用ください。

コンバージョン設定のメリット

 

シンプルにコンバージョン設定のメリットを説明すると、「Webサイトのビジネスに対する効果がわかること」です。

コンバージョン設定を行うことで、Webサイトのお問い合わせ率は増加します。

すなわち逆をいえば、コンバージョン設定をしていない場合、ビジネスへの影響度はGoogleアナリティクス上でわからないことになります。これではGoogleアナリティクスを導入した意味があまりないのではないでしょうか。

 

Googleアナリティクスでコンバージョン設定をする手順

 

コンバージョンの設定は、以下の8つの手順で完了します。


 1. Googleアナリティクスの「アナリティクス設定」を開く

 2. 「ビュー」というカテゴリの「目標」をクリック

 3. 「新しい目標」ボタンを押す

 4. 「目標設定」にてサイトのゴールを選択する

 5. 「目標の説明」にてゴールの種類を選択する

 6. 「目標の詳細」にてどのような行動をとったユーザーをゴールとするかを入力

 7. 「この目標を確認」を押して、それらしい値が表示されるかを確認する

 8. 「目標作成」ボタンを押す。


それぞれご説明いたします。

[手順1] Googleアナリティクスの「アナリティクス設定」を開く

Googleアナリティクスにログインし、最初の画面の上部ナビゲーションに位置する、「アナリティクス設定」をクリックして下さい。

Googleアナリティクスコンヴァージョン設定手順1

 

[手順2] 「ビュー」というカテゴリの「目標」をクリック

アナリティクス設定画面の右側に位置する「ビュー」というカテゴリの中の、上から3つ目「目標」という箇所を開いて下さい。

Googleアナリティクスコンヴァージョン設定手順2

 

[手順3] 「新しい目標」ボタンを押す

「目標」を開いてすぐに目につく「新しい目標」というボタンをクリックして下さい。

Googleアナリティクスコンヴァージョン設定手順3

 

[手順4] 「目標設定」にてサイトのゴールを決める

「新しい目標」ボタンを押すと新しい目標の設定画面にに移ります。まずはじめに、目標設定の箇所で自身がゴールに設定したい事柄を選択します。

Googleアナリティクスコンヴァージョン設定手順4

基本的にテンプレートの中から選んでいただいて構いません。ガイド表示されております用途にそって、自身の目的に沿ったものを選択しましょう。
事例として、ゴール設定で最も多いケースは以下の4つです。


 ◯ サイト内で商品の注文をゴールとしたい場合 ⇒ 収益>注文

 ◯ アカウント開設をゴールとしたい場合 ⇒ ユーザー獲得>アカウントの作成

 ◯ サイトからの問い合わせをゴールとしたい場合 ⇒ 問い合わせ>問い合わせ

 ◯ 会員登録をゴールとしたい場合 ⇒ エンゲージメント>登録


 

上記4つ以外の指標をゴール設定したい場合にも、ガイドに沿って一番近いものに設定すると良いでしょう。

[手順5] 「目標の説明」にてゴールの種類を選択する

 

Googleアナリティクスコンヴァージョン設定手順5

目標の名前は自身が運用しやすいように自由に決めて構いません。

目標IDとは目標それぞれにわりふられるナンバーの事であり、目標セットとは目標のひとかたまりを指します。1~4の目標セットがあり、それぞれのセットに5つづつ別個の目標が設定できますので、最大20種類の目標設定が可能です。

タイプとは、ユーザーどのような行動をとればゴールとするのかを定義するものです。


 ◯ 目標 ⇒ 特定のURLに到達したユーザーをゴールとする

 ◯ 時間 ⇒ 指定の時間以上サイトに滞在したユーザーをゴールとする

 ◯ セッション当たりのページビュー ⇒ 1回のセッションで指定のページビューに到達したユーザーをゴールとする

 ◯ イベント ⇒ 上記3つ以外でもユーザーの行動に併せてゴールを設定することが可能


 

※イベントを設定する場合、イベントトラッキングという少々特殊な設定を同時に行う必要があるため、今回は割愛します。

[手順6] 「目標の詳細」にてどのような行動をとったユーザーをゴールとするかを入力

 

Googleアナリティクスコンヴァージョン設定手順6-1

 

上記の図は、手順5にて「目標」を選択したケースを示しています。手順6に関しては、手順5にてどのタイプを選んだかによって分岐します。

◇「目標の説明」にて目標を選んだ場合

「目標」の欄に、ゴールとすべきURLをいれます。

「値」の欄に単価を設定すると、Googleアナリティクス上で売上計算をすることができます。

途中、別のURLを経由してからゴールURLに到達するユーザーを計測したい場合は「目標達成プロセス」の欄に経由するURLを設定します。

◇「目標の説明」にて時間を選んだ場合

「時間」の欄にどのくらいの時間を上回ったユーザーを計測するかを入力します。

「値」の欄に単価を設定すると、Googleアナリティクス上で売上計算をすることができます。

◇「目標の説明」にてセッション当たりのページビューを選んだ場合

「セッション当たりのページビュー」欄に1回のセッションでいくつのページビューに到達したユーザーをゴールとするかを入力します。
「値」の欄に単価を設定すると、Googleアナリティクス上で売上計算をすることができます。
この目標を設定を押す

[手順7] 「この目標を確認」を押して、それらしい値が表示されるかを確認する

Googleアナリティクスコンヴァージョン設定手順7

 

ボタンを押してから数秒待つと、過去7日間のうち設定した目標にて何回CVがあるか表示してくれます。こちらを見て特に違和感がなければ次に進みます。違和感を感じる数値が出た場合は、目標設定の過程で不備が無いかを確認しましょう。

[手順8] 「目標を作成」ボタンを押す。

「目標を作成」というボタンを押します。

 

Googleアナリティクスコンヴァージョン設定手順8

 

以上でコンバージョン設定は完了です。半日程度すれば、アナリティクス上でコンバージョン関連のデータが反映されるようになります。

 

まとめ

 

Web初心者のお客様には非常に多い、コンバージョン設定の方法が分からず結局放置してしまうケース。このサイトの閲覧者の方にもしそういったかたがいらっしゃいましたら、この記事を機にコンバージョン設定を行っていただければと思っております。ご覧いただいて納得していただけたなら、とても簡単ですのでぜひ実行に移してみてください。きっとWebマーケティングが2倍3倍楽しくなるはずです。

 

-カテゴリ:アクセス解析

みんな使えるWeb活用術 MINWEB

Date: Category: Webソリューション活用
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Webソリューション活用のウェブアクセル

最新記事一覧
カテゴリー

Webソリューション活用のウェブアクセル