MINWEB[ミンウェブ]

みんな使えるWeb活用術『ミンウェブ』
by株式会社セルリア

フェイスブック

ツイッター

RSS

MINWEB[ミンウェブ]

みんな使えるWeb活用術『ミンウェブ』
by株式会社セルリア

フェイスブック

ツイッター

RSS

企業がYouTubeの動画に広告を掲載するやり方

Date: Category: Webソリューション活用
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

YouTubeは世界最大の動画配信サービスです。最近はYouTuberという職業も出来るほど、日本でも盛り上がっているサービスです。

YouTubeの動画には多くの企業が広告を掲載しています。YouTubeに広告を掲載することで新たな顧客を獲得できるからです。記事をご覧になっている方の中には、「新たに顧客を増やしたい!」と考える企業の担当者様もいるのではないでしょうか。

そこで今回はYouTube動画広告の概要から広告の掲載方法などの実践的なことまで紹介していきます。

YouTubeの動画広告TrueView広告とは

YouTubeの動画広告は、正式にはTrueView広告と呼ばれています。TrueView広告とはGoogleが提供するGoogle Adwordsの広告サービスを利用することで始めることができます。

Google Adwordsとは、Google社が提供する広告出稿サービスのことです。Google Adwordsに登録するにはGoogleアカウントが必要になります。

TrueView広告の掲載のされ方には、大きく分けてインストリーム広告とディスプレイ広告の2つがあります。

インストリーム広告とは

インストリーム広告

インストリーム広告とは、見たい動画を再生する前に流れてくる動画広告のことです。「5秒後にスキップ」など動画の右下にクリックする場所が表示されます。30秒未満でスキップされてしまった場合は、費用がかからない点がとても魅力的です。

バンパー広告

また、同じ手法ながらも少し種類の違うバンパー広告というものもあります。バンパー広告は5秒後にスキップできない広告であるのが特徴です。しかし、スキップできないとなると視聴者側にネガティブな印象をもたれる可能性があります。それを考慮して、バンパー広告としてYouTubeに掲載できる動画は再生時間が6秒限定のものだけとなっています。

ディスカバリー広告とは

ディスカバリー広告

ディスカバリー広告とは、YouTubeの動画を視聴する際の画面の横、関連動画、検索結果画面に表示されるYouTubeの動画広告のことです。

インストリーム広告と違い、ディスカバリー広告はユーザーが能動的にクリックすることで費用が発生します。インサーチ広告と呼ばれる検索結果に広告を表示するものを、2014年の4月に統合した結果、性別、年齢などのターゲット設定が可能になりました。興味を持ったユーザーが広告をクリックするので、現段階の潜在顧客を知ることが出来ます。

広告費用がかかるタイミング

インストリーム広告、ディスカバリー広告の特徴を見てきました。それぞれ広告費用がかかる場合は以下のとおりです。

○インストリーム広告
・動画広告を30秒間視聴した時
・視聴者が広告をクリックした時

○バンパー広告
・広告が1000回表示された時

○ディスカバリー広告
・広告がクリックされた時

というように広告それぞれに違いがあります。

具体的な費用は、入札形式で広告料金が変動するため正確には分かりません。ですが入札が少ない動画であれば1再生5~8円から掲載が可能です。またYouTubeの広告を出稿する際には、1日の費用の上限を設定できます。

YouTubeに広告を掲載する方法

TrueView広告をYouTubeに掲載するにあたり、まずはYouTube上に広告に出す動画を投稿しなければなりません。YouTubeに動画をアップロードするためにはGoogle アカウントを取得する必要があります。その際、広告出稿の際に必要なGoogle Adwordsアカウントも同時に作成しておきましょう。

◯YouTubeに広告を掲載する手順

Google Adwords

1.Google Adwordsにログインし、「キャンペーン」をクリックします。

YouTubeに広告を掲載する手順2

 

2.「+キャンペーン」をクリックし、「動画」をクリックします。

YouTubeに広告を掲載する手順3

3.キャンペーン名を入力し、サブタイプを選択します。

YouTubeに広告を掲載する手順4

4.予算を設定し配信方法を選択します。

YouTubeに広告を掲載する手順5

5.掲載ネットワークを選択します。

YouTubeに広告を掲載する手順6

6.キャンペーンを広告する地域、言語を選択します。

YouTubeに広告を掲載する手順7

7.広告を表示するデバイスを選択します。

YouTubeに広告を掲載する手順8

8.キャンペーンの詳細を設定します。

YouTubeに広告を掲載する手順9

9.広告を掲載するスケジュールを設定します。

YouTubeに広告を掲載する手順10

10.必要に応じてフリー・エンシー・キャップとコンテンンツの除外(※)を設定します。
※フリー・エンシー・キャップとは同じユーザーに広告が表示される回数を制限する機能です。
※コンテンツの除外とは広告を掲載する動画を制限する機能です。

YouTubeに広告を掲載する手順11

11.広告グループ名を入力し、動画を選択します。

YouTubeに広告を掲載する手順12

12.動画広告のフォーマットを選択します。

YouTubeに広告を掲載する手順13

13.単価設定に単価を入力します。

YouTubeに広告を掲載する手順14

14.ユーザー属性を設定してキーワードを入力します。

YouTubeに広告を掲載する手順15

15.プレースメント(※)を選択します。
※プレースメントとは広告を掲載したい動画のURLを指定することができる機能です。

YouTubeに広告を掲載する手順16

16.トピック(※)を設定します。
※トピックとはジャンルのことで、ここでは広告を掲載する動画のジャンルを指定できます。

YouTubeに広告を掲載する手順17

17.広告グループを保存し、確定します。

 

上記の手順を行い、Googleからの審査を通過すると晴れて広告が掲載されます。

YouTubeに広告を掲載するメリット・デメリット

YouTubeのTrueView広告は他の広告と何が異なるのでしょうか。そこでTrueView広告を実際に出稿した際のメリット・デメリットをまとめてみました。

YouTubeに広告を掲載するメリット

・情報を多く詰め込むことができる
動画広告なので、画像や文字に比べて多くの情報を詰め込むことができます。テレビCMのように、自社のブランディングができやすい傾向にあります。

・費用がかからなくても宣伝できる
YouTubeは2017年現在、月間のログインユーザーの利用者数が15億人だというデータが出ています。利用者が多いことで、インストリーム広告がスキップされるまでの5秒間だけでも目にする視聴者が多くなり、費用がかからずに宣伝することが可能になります。

YouTubeに広告を掲載するデメリット

・5秒間で広告をスキップされてしまう
冒頭の5秒間で良くも悪くも印象が決まってしまうので、ほとんどのユーザーに広告をスキップされてしまうと、時間やお金をかけて作った動画の投資対効果がかなり低くなってしまいます。

メリットとデメリットを比較してみても、やはり動画広告をYouTubeに掲載することへの恩恵はかなりあるようです。スキップされない動画広告にするためにも、動画の創意工夫が必要ですね。

まとめ

YouTubeの動画広告、TrueView広告を調べてみると簡単な設定で広告を掲載できることがわかりました。クリックされたり、動画を全て見られたりしない限り費用が発生しないなど、費用が無駄にかからないのも魅力です。また動画広告を利用することで、画像や文字よりも分かりやすく自社のブランディングを行うことができます。

今、YouTube業界が盛り上がっているからこそ、YouTubeへの広告掲載を迷われている方は利用してみてはいかがでしょうか。

 

Date: Category: Webソリューション活用
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Webソリューション活用のウェブアクセル

最新記事一覧
カテゴリー

Webソリューション活用のウェブアクセル